精油のプロフィール

精油のプロフィール

レモングラス

レモングラス精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト2級より)

 
 
 
原料植物名:レモングラス
学名:西インド型:Cymbopogon citratus
東インド型:Cymbopogon flexuosus
科名: イネ科
産地の例:西インド型:マダガスカル
     東インド型:インド、ネパール
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:西インド型:シトラール(特徴成分)、ミルセン、メチルヘプテノン
      東インド型:シトラール(特徴成分)、メチルヘプテノン、ネロール、ゲラニオール
 
 レモングラスはインド原産の多年草で、熱帯から亜熱帯地方で多く栽培され、高さ1.5mほどに成長します。
 葉は消化を促進するのによいとされ、主にエスニック料理の香りづけとして、またハーブテイーとして広く利用されています。
 寒さには弱いものの、日本の気候に合い、育てやすいハーブのひとつです。
 レモングラスはジンジャーとレモンの香りを混ぜたような、鮮烈で力強い香りがします。この香りは、蚊などの虫よけ作用が報告されています。
 

香り(参考)

:ウエットな、ハーバルな、レモンのような(AEAJ認定アロマブレンドデザイナー公式テキストより)
 
:東インド型:グリーンなハーブをベースとしたフレッシュなレモンの香り。
 西インド型:爽やかで甘さのあるレモンの香り。(生活の木カタログより)
 
:レモンに似た強い香り。(*アロマ療法大全より)
 
:シトラスで、スモーキーな香り
(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375より)
 

色(参考)

:薄い黄色(*アロマ療法大全より)

レモングラスを使用したレシピ


 
朝のハンドバスブレンド!
ローズマリー精油、レモングラス精油、ベルガモット・フロクマリンフリー精油をつかう。