精油のプロフィール

精油のプロフィール

ローズマリー

ローズマリー精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト2級より)

 
 
 
植物名:ローズマリー
学名:Rosmarinus officinalis
科名: シソ科
産地の例:フランス、スペイン、モロッコ、チュニジア
抽出部位:葉と花
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:1.8-シネオール、カンファー、ボルネオール、酢酸ボルニル
 
 石灰質土壌の日当たりのよい山の傾斜地に旺盛に自生していています。学名の「Rosmarinus 」はラテン語で「海のしずく」を意味します。
 精油成分にはカンファーが含まれています。カンフルまたは樟脳ともいわれ、楠の葉や枝から得られ、古くから防虫剤の原料として用いられてきました。生育環境により数種のケモタイプがみられる精油のひとつです。
 
香りのイメージ:
・スッとする清潔感のある香調(AEAJ認定アロマブレンドデザイナー公式テキストより)
・クリアですっきりとした、強いハーブの香り。(ローズマリー・シネオール:生活の木カタログより)
 
 

このような時にオススメ!

・運動前のリフレッシュに
 朝早く起きて、散歩やジョギングなどを楽しむ前にルームスプレーをひと吹き。
・運動後の疲れた身体に
 運動後の疲労を翌日に残さないために、疲れた部分にセルフトリートメント。
・集中力を高めたいときに
 テストや試合の前など、集中力を保ちたいときには、すっきりした香りをハンカチやテイッシュペーパーなどにつけ、身につけていくとよいでしょう。
(アロマテラピー検定テキスト1級より)

ローズマリーを使用したレシピ


 
朝のハンドバスブレンド!
ローズマリー精油、レモングラス精油、ベルガモット・フロクマリンフリー精油をつかう。