精油のプロフィール

精油のプロフィール

ゼラニウム

ゼラニウム精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト2級より)

 
 
 
原料植物名:ゼラニウム
科名:フウロソウ科
産地の例:レユニオン島(フランス領)、エジプト、フランス、モロッコ
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:シトロネロール、ゲラニオール、リナロール、メントン
 
 
17世紀初頭南アフリカの喜望峰を航海した船員によりヨーロッパに持ち込まれ、その後香料生産のために南フランスのグラース地方で栽培がはじまり、19世紀後半にインド洋のレユニニオン島に渡りました。
 ゼラニウム精油はローズと共通する成分を含み、力強いローズのような香りがします。
 
香りのイメージ:
・バラのような、青みがかった、やや甘い香調(AEAJ認定アロマブレンドデザイナー公式テキストより)
・ハーブ系の香りの中に、ローズに似たフローラルさを併せもつ(生活の木カタログより)
 
 

このような時にオススメ!

・子育ての合間に
子供が眠ったあとなどに、やさしい香りで芳香浴やトリートメントなどを楽しみましょう。
・仕事が忙しい時に
オンとオフを上手に切り替え、自宅ではリラックスできるようにしたいもの。テイッシュペーパーを利用した芳香浴など、簡単な方法でアロマテラピーを楽しみましょう。
・更年期を迎えたら
芳香浴やフェイシャルスチーム、トリートメントなどリラックスするとともに美容に役立つものがよいでしょう。また手作り化粧品でセルフケアをしてもよいでしょう。
 
(アロマテラピー検定テキスト1級より)