精油のプロフィール

サンダルウッド

サンダルウッド精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト1級より)

 
 
 
植物名:サンダルウッド
和名:ビャクダン
学名:Santalum album(サンダルウッド・インド)
  :Santalum spicatum(サンダルウッド・オーストラリア)
科名: ビャクダン科
主な産地:インド、スリランカ、インドネシア(サンダルウッド・インド)
    :オーストラリア(サンダルウッド・オーストラリア)
抽出部位:心材
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:α-サンタロール(特徴成分)、β-サンタロール(特徴成分)、サンタレン、サンテノン(サンダルウッド・インド)
     :α-サンタロール(特徴成分)、β-サンタロール(特徴成分)、α-ピサボロール(サンダルウッド・オーストラリア)
 
サンダルウッドは古くから宗教と深い結びつきがありお香として瞑想や宗教儀式にまた仏像や仏具に用いられてきました。
 伝統的に、マイソールを中心にしたインド南部が高品質のサンダルウッドを産出していましたが、現在インドでは保護樹林となっており、伐採は州政府により厳しく管理されています。そのためインド産の供給量が減り、近年はインド産によく似た香りのオーストラリア産のサンダルウッドの流通量が増加しています。オーストリラリア産は、インド産と植物起源の異なるビャクダン属の別種です。
 半寄生植物で、他の根に寄生して養分を得て生育します。
 サンダルウッド精油は心材とその周辺などから得られます。心材から得られたものは光沢と強い香りがあり品質がよいため、アロマテラピーでは主にこの部位から得られる精油を用います。
 

香りのイメージ

 :お香のような、豊かな、官能的な (AEAJ認定アロマブレンドデザイナー公式テキストによる。)
   :ウッディーで甘く、オリエンタルでデリケートな香り。日本では白檀とよばれ香木として親しまれている。(生活の木カタログより)

このような時にオススメ!

 気持ちを落ちつけたいときに。プレッシャーや緊張を感じるときは、リラックスできる香りのサンダルウッドを芳香浴器に1〜5滴落としてゆっくり深呼吸をしてみましょう。(アロマテラピー検定公式テキスト1級より)
 

サンダルウッド・インドを使用したレシピ


 
秋の休みのバスオイル!
 
サンダルウッド精油、レモンマートル精油、椿油、アプリコットカーネル油をつかう。