定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

HOME | ハーブで作る | ハーブセッケン(練りセッケン)

ハーブセッケン(練りセッケン)

簡単にできる手作りの手練りセッケン!

 
  普段なにげなく使用しているセッケンは私たちの生活には欠かせないものです。 ”毎日使うものだから自分のお気に入りのものを使用したい。手作りのセッケンを作ってみたい。”とお考えの方は多いでしょう。
 手作りのセッケンは、一般的には材料の水、油脂、苛性ソーダを使ってCP法(コールドプロセス法)という方法で作ることができます。この方法を使えば、”自分にやさしい、そして質のよいお気に入りのセッケン”を作ることができます。手作りセッケンの教室は人気の教室で、ネット上でもその作り方は簡単に入手できます。
 しかし、材料の苛性ソーダは劇薬なので薬局で手続きをして手に入れる必要があり、また使用には危険が伴います。作ったり、またその後片付けも面倒で、作ってから使用するまで1ッカ月くらい待つ必要もあります。
 ”時間もないし、そこまでして作るのは大変だ。だけどセッケンは自分のお気に入りのものを使用したい。”という方にオススメです。
 作り方は非常に簡単です。なんと、セッケン素地に水を加えてこねるだけで、石けんができてしまいます!お好みのハーブや精油を加えれば、自分だけのお好みのセッケンが作れます。
 
 

  •  

 手練りセッケンのメリット

  • 1. 香りの調節が思いのまま

     市販の石けんは香りが強かったり、好みではないときがありませんか? 手作りなら自分で香りが調節できて、好みのアロマオイルを使えば好きな系統の香りにできます。

  •  フローラル系が好きならラベンダーやローズなどを使えばOK。シナモンやバニラといった、お菓子のような香りにすることもできます。 

  • 2. 大きさが思いのまま 

     固形石けんはあまり大きすぎても使いづらいものですが、手作り石けんなら自分が使いやすい大きさに調節が可能です。 

  • 3. 形が思いのまま 

     石けんというと四角や丸などの形が一般的ですが、楽しい形だと使っても楽しいものです。手作りなら型に入れて好みの形を作れます。お子さんと作るのも楽しいですよね。

    4.簡単で安全 

    苛性ソーダを使わずに、素地で作る石けんは、子供でも簡単に作れ、とても安全です。

━━━ ハーブセッケン作り

 

  •  

    せっけん  1個分  50g

     

    材料1

      ハンドミルソープ(せっけん素地)50g

      熱湯   15ml

      精油 5滴  

      ビーカー  かくはん棒  ビニール袋  型(お好みで) ラップ

     

    作り方

    ① せっけん素地をはかりビニール袋に入れる。

    ② ビーカーに熱湯を入れて2〜3回に分けて①に加えながらよく練る。

    ③ ②に精油を加えよく練る。

    ④ 形を整える。おかしの型で抜いてもよいし、粘土細工のようにお好みの型を作る。

    ⑥ 4〜5日そのままにして乾燥させる。

     

     

    材料について

    ○せっけん素地

     練って混ぜて作る植物性の石けん素地。お好みの精油やハーブなどを加えてセッケンを作ることができる。

     

 

オススメのセッケン素地

ハーブセッケンレシピ集

 

夏の疲れた肌にぴったりのセッケン

 

クレイ&フランキンセンスの練りせっけんをつくる。フランキンセンス精油、オレンジ・スイート精油、ジュニパーベリー精油をつかう。

 

花のセッケン

 
花のせっけんをつくる。エルダーフラワー、イランイラン精油、ゼラニウム精油、ラバンディン・グロッソ精油、ベルガモット精油をつかう。

 

花の香りのセッケン

 

花の香りのせっけん。ゼラニウム精油、ラバンディン・グロッソ精油、イランイラン精油、カーネーションの花をつかう。

 

 その他いろいろなレシピ(ブログ. 仙台ハーブ・アロマテラピー研究所より)

ヒヤシンスせっけんをつくる。
マリーゴールドのせっけんをつくる。ハチミツ、パルマローザ精油、ラベンダー精油、プチグレイン・レモン精油をつかう。
カモミールリンゴせっけん。カモミール・ローマン精油、パルマローザ精油、レモン精油、ハチミツをつかう。
リラックスアロマせっけんをつくる。ラベンダー精油、ベルガモット精油、オレンジ・スイート精油をつかう。
ネロリのせっけんをつくる。ネロリ精油、ローズマリー精油、ラベンダー精油をつかう。
ハーブせっけんをつくる。ネトルパウダー、パルマローザ精油、シダーウッド・バージニア精油をつかう。
カモミールせっけんをつくる。カモミール・ローマン精油、パルマローザ精油、小麦胚芽、ターメリックパウダー、ハチミツをつかう。
スピルリナせっけんをつくる。スピルリナパウダー、サイプレス精油、レモングラス精油をつかう。
・ バラの香りの石けんをつくる。ローズアブソリュート精油、パルマローザ精油、レモンティートリー精油をつかう。
オレンジピールとココアの香りのせっけん、ローマンカモミールの芳香蒸留水をつかう。
フェンネルせっけんをつくる。フェンネル精油、オレンジ・スイート精油、ジュニパーベリー精油、ターメリックパウダーをつかう。
ローズマリーせっけんをつくる。ローズマリー・シネオール精油、プチグレイン・ビターオレンジ精油、海藻パウダーをつかう。
ココアせっけんをつくる。ココアパウダー、アーモンドパウダー、シナモンパウダー、ベンゾイン精油をつかう。
ネロリのせっけんをつくる。ネロリ精油、ローズマリー精油、ラベンダー精油をつかう。
すっきりするジュニパーベリーのせっけんをつくる。ジュニパーベリー精油、ラベンダー精油、ハトムギをブレンド。
ネトル、レッドクローバーのせっけんをつくる